映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!? を観てきた

今日の小ネタ。

中国がサッカー日本代表に嫌がらせ スパイク、ボールを使っての練習禁止 圧倒的不利な状況に(アルファルファモザイク)

意味が分からん……ボールが使えないサッカーってどんなスポーツなんだ……

それとこれ。

で、どうすりゃゲーム業界は良くなるんだい?(はちま起稿)

個人的に思うのは、ゲーム業界の現状って言うのは今のアニメ業界と似てるんだろうなって思ってます。
先にその状況に陥ったのはゲームだと思いますが。
要するに多様性を求めた結果、作品数が多すぎなんじゃないかなーと。
数が出れば1つの作品に対するユーザーは減る訳ですが、業界全体で見ると作品数が多いので成長しているように見える、と。
でも、1つの作品につくユーザー数が減ると言う事は製作している会社の売り上げも落ちることになる訳で、開発費用が回収できない事態も発生します。
ハードの性能が上がり、開発に掛かる費用も必然的に上がって来ているにも関わらず売り上げが伸びないと言う状態じゃジリ貧だろうなぁ、と。
で、消費者側で言えば景気が良くなってるわけでもなく、娯楽に遣えるお金と言うのも限られるんじゃないかなと。
さらに言えば、お金を遣ってまでゲームをやるユーザー数と言うのはこれ以上増えないんだと思うんですよね。

とまぁこんな悪い方向での相乗効果で厳しい状況が続いてるんだと思います。
改善するには面白いゲームを作るってのもそうですけど、開発に掛かる費用を下げるしかないだろうなぁとか。
後はソーシャルゲームが何で売れているのかって言うのも意識せざるを得ないでしょうね。

……ま、私が勝手にそう思ってるだけなので的外れかも知れないし、それ以外にももっと色んな事情が絡んでるとも思うんですけどw


さて、今日の本題です。
それは勿論10/30から劇場公開された映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?の事。
昨日の記事にも書いた通り、優希さんと私と優希さんとの共通の友達の3人で観てきました。

と言う訳で、視聴した感想を以下に折りたたみます。

続きを読む 映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!? を観てきた