#21 別れの歌

前回の独り言から1ヶ月以上経ってますな(^^;
別に今までにネタもなかったわけじゃないけど、今月は書くネタ決めてたので。
それはCOWBOY BEBOP
……でもまだ観てねぇ(;´д`)
まぁ、一昨日終わったNOIRの感想でも良いんだけど、その余韻をうち消すゲームを先週からやってたのでその感想の方をば。
その名はDC版AIR
無論去年PC版の方をやって大泣きしてるので、今更強いて新たな感想もないかなと思ってたけどそうでもなかった。

1年前にこれを終えたとき、絶対DCに移植されたら買おうと決めました。
声のついたこのゲームをやりたいって思いました。
あれから待つこと1年。
……久しぶりにやっても全く同じとこで泣けました(笑)
やっぱ声がついてると違いますな。
特に裏葉の声がきっこさんなのがナイス(爆)
それと、観鈴役の川上ともこ嬢が良い感じです。
元々彼女の声は好きだったんだけど、ワシの想像してた観鈴に合致しましたわ。
往人役の緑川光は未だに微妙なんだけど(笑)

と、声ばっか言っててもしょうがないですな(^^;
と言っても、今更このゲームの感想言ってもしょうがない。
此処に来る人は結構やってると思うし。
と言うわけで、今回のプレイで新に感じたことについて。
ちなみに、こっから先はやってない人は全く理解できない話ですのでご了承を(爆)

前に龍さんが、最後のシーンはくどいって言うの何度も言ってました。
最後のシーンって言うのは、EDがかかる前のホントに最後。
その時はなんでやねん!ってツッコミ入れたんだけど、今回やってなるほどって思いましたわ。
たしかに、そらは空で待っている彼女を探しに行くわけだし、わざわざそんなシーンを入れなくてもわかるって言うのは理解できる。
……だけど、理解は出来てもやっぱワシは絶対にいると思いました。
理由なんて分からないけど。
やっぱ単純に最後には幸せを……って事なのかも。
伏線も張ってたわけだし。
あそこで明確に、繰り返される悲劇は終わったことを示しておくことが、救いになってると思うし。
じゃなきゃ、あの未来を感じさせる歌には繋がらないかなと思ったり。
やった人はどう思いました?

それと、一年前にこれが出たときの雑誌のレビューで、悲劇系や感動系のストーリーが好きな人にはお勧めって言うのを書いてるのを見てちと憤慨してみたり(笑)
感動系って言うのは兎も角、悲劇系って言うのはどうも、ね。
まぁ、たしかに悲劇っちゃー悲劇なんだろうけど、そういうことじゃないような気もしないでもなし。
ワシの思いこみかな?

……なんかAIRのコンテンツつくっちまうか~って言うくらい、今余韻に浸ってますわ(笑)
無論ネタなんぞ無いけども(爆)
これからも半年か一年おきに必ずこのゲームをやろうかなって思ってます。
勿論夏にね(^^

PS.
どうでも良いことなんだけど、最近益々タイトルが適当になってますな(^^;
考えんのメンドイんですわ。
今回のは捻ったつもりだけど結局直訳だし(笑)
なんか良いタイトルの付け方ないかのぉ。
……深く考えなければ良いだけか(;´д`)